ちゃちゃトーク cha cha talkちゃちゃトーク cha cha talk

トップ > ちゃちゃトーク > ちゃちゃトーク7_1

リスト株式会社クリエイティブ・プロデューサー相澤 毅 × 理事長 迫田健太郎リスト株式会社クリエイティブ・プロデューサー相澤 毅 × 理事長 迫田健太郎

「オトナな保育園」をコンセプトに、社会に開かれた保育園を目指す茶々保育園グループ。今回はゲストにリスト株式会社クリエイティブ・プロデューサーの相澤 毅氏を迎え、迫田健太郎CEO(最高経営責任者)との対談が行われた。街づくりの考え方や、子育ての話にはじまり、デザインやアート、企業の成長と組織づくりという経営哲学へと話題は広がる。


  • 相澤 毅プロフィール

    リスト株式会社 社長室 クリエイティブ・プロデューサー
    地域密着スタイルと世界規模の不動産ネットワークを強みとするグローカル総合不動産企業リストグループにて、横浜市最大級の先進エコタウン「リストガーデンnococo-town」の開発や産学連携プロジェクトなど数々の新規事業開発に携わり、不動産業界のイノベーターとして活躍している。

  • 街づくりと「子どもの視点」

    迫田
    これまで、保育所にはいらっしゃったことはありますか?
    相澤
    はい。7か月になる一人娘がいるのですが、もうかわいくて。
    迫田
    相澤さん、一人娘のパパなのですね。かわいいでしょう(笑)。私も9歳の娘が一人いて、お気持ちがわかります。
    相澤
    その7か月の娘と一緒に、来年度から保育所を利用したいと思って申し込みをしたところです。認可保育所を希望しているのですが、ここ数日、保育所入所承諾書が届いているかドキドキしながら郵便受けを確認しています。
    迫田
    そうでしたか。本来なら、どなたでも保育所を利用できるようになることが健全で望ましい社会だと思います。ご希望が叶うとよいのですが。今日は園に到着してすぐに、園舎の様子をご覧になっていましたね。
    相澤
    私は不動産企業で新規事業を開発しています。アウトプットし続けなくてはいけない立場なので、その何倍ものインプットをしなくてはいけなくて。訪れる街の様子や建物に興味があります。今日は、茶々むさしこすぎ保育園さんの、建物のデザインやベビーカー置き場の工夫などを興味深く拝見しました。
    迫田
    街並みは、どのようなところを見るのですか?
    相澤
    リストグループは総合不動産企業として住宅地の開発などをしていますので、ディベロッパーとして開発する前提で街を見ることが多いですね。街の雰囲気、道幅などの環境、公園があれば子どもがどのくらい利用しているのかとか、さまざまな観点で見ています。
    迫田
    子どもが公園を利用していることも重要なのですね。
    相澤
    不動産会社や担当者によって異なるとは思うのですが、私は子どものことについて考えることが社会について考えることにつながると思っていまして。子どもにとってどのような環境なのか、という観点はとても大切です。
    迫田
    本当にそうですね。
    相澤
    住宅地の開発は、かなり責任のあることだと思っています。住宅を購入してお住まいになる方にとっては、住宅ローンを何十年も支払い、支払い終わった後も住み続けるという、その方の人生を左右するものです。そのため、長期的な視点で価値のあるものを生み出さなくていけません。購入する方にとって価値あるものにすることは大切なのですが、「その街で育った子どもたちの人生をつくっていく」という、数世代に渡る価値を生み出すことも必要になります。
    迫田
    長期的な、数世代にわたる街づくりという視点がとても興味深いですね。そして、子どもの視点で考えて、未来をつくる人たちの「今」に関わっているという考え方は本当に共感します。
    相澤
    はい、常にそうありたいと思っています。