ちゃちゃトーク cha cha talkちゃちゃトーク cha cha talk

トップ > ちゃちゃトーク > ちゃちゃトーク2_1

教育研究者 杉山芙紗子氏 × 創業者 迫田圭子教育研究者 杉山芙紗子氏 × 創業者 迫田圭子

  • 杉山芙沙子氏プロフィール

    一般社団法人次世代SMILE協会 代表理事、
    パーム・インターナショナル・テニス・アカデミー校長

    スポーツは人間力を上げるツールであり、スポーツを通じて、「生きる力」をもてる、ということをテーマに掲げ、活動。プロ選手、ジュニア選手の指導を行う一方で、テニスという枠を越えて。「スポーツ教育」、「可能性や才能を引き出す教育法」、「コーチング」など、さまざまな観点からの発言が、子どもに関わる教育者や子どもをもつ親などからも高い支持を受けている。
    早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。現在、順天堂大学大学院医学研究科博士課程在学中。
    著書に、『一流選手の親やどこが違うのか』(新潮新書)、『杉山式スポーツ子育て』(WAVE出版)ほか。

  • 迫田 圭子プロフィール

    社会福祉法人あすみ福祉会(茶々保育園グループ)創業者
    ※現在、理事・統括園長

    昭和54年に社会福祉法人茶々保育園(埼玉県入間市)を設立し、園長として、18年間保育にあたりながら、

    平成6年に㈱ コンビチャチャとして外出支援事業・保育事業指導を行う。

    翌年、立正大学社会福祉学部において保育士養成に携わる。
    平成25年に同大学の教授を退任すると同時に、
    あすみ福祉会 理事長を退任し、理事に就任する。

    【著書】
    改訂「保育所運営マニュアル」 中央法規
    「見る・考える・創り出す乳児保育」 萌文書林
    保育力検定2級、3級 テキスト作成 など

    【ソフト開発】
    「育ちの記録」 保育ソフト開発 CHS子育て文化研究所
    「自園の保育システム」 保育ソフト開発 CHS子育て文化

    【TV出演】
    NHKすくすく赤ちゃん 準レギュラー出演

  • 孫をみるような目で。
    「あすみ」に込められた想い

    迫田
    愛ちゃん(プロテニスプレーヤー・杉山愛さん。杉山さんの長女)、そろそろお子さん産まれるんじゃないですか?
    杉山
    そうなんです。いま臨月で、来月には産まれる予定です。(※取材は6月下旬に行われました。7月8日、無事に男児を出産されました。)
    迫田
    初孫ですね。実はね、あすみ福祉会の「あすみ」というのは、私の孫の名前なの。
    杉山
    お孫さんの?
    迫田
    そう。35年前に法人は設立しているんですが、20年前に法人改組することになった時に、ちょうど孫が産まれましてね。 その時の孫を見る私の優しい目といったら、自分でも感動するくらいだったんです。その時、おばあちゃんが孫をみるような気持ちで保育をしていこう、と思ったのが名前の由来ね。
    杉山
    いまお話をうかがって、より強く思ったんですが、「木を見て森を見ず」ということわざがありますよね。自分が子育てをしている時というのは、まさにこれだと思うんです。客観的に物事を見にくくなっている。でも、おばあちゃんになると「木も見れるし森も見れる」。そこに着目されていることが、とても圭子先生らしいな、と。
    迫田
    よく、おばあちゃんは孫のことをかわいがって、何でもしてあげて、無責任でいいよね、って言われますでしょ。
    杉山
    でも、それって全然違いますよね。何でも許すことが優しさでもないと思いますし。ただ言えることは、その子がどんなであれ、まずは受け止めてあげる。それが、ママを越えた”グランマ”だと思います。
    迫田
    まさにママを越えた”グランドママ”ってことね。
    杉山
    それが、茶々保育園が掲げる”オトナな保育園”にもつながるのかな、と。親の無類の愛さえも越えた、おばあちゃんの眼差しがそこにある、というような。
    迫田
    飴もおもちゃも買い与えるグランマもいるかもしれないけれど、そうではないグランマになりましょうよ、ということよね。グランマな保育園(笑)。
  • 杉山
    ここの保育園は、ただ無我夢中にやっているのではなく、よりグランマな視点が根付いているような気がするんです。外から冷静に見れる部分もあり、おおらかに受け止めてくれる部分もあり。乳児保育については、圭子先生の理念や方法などがすでに確立されていると思うので、幼児教育も、今の環境の変化や社会のニーズに応えていくこと。それが、いま「あすみ」が目指すところのような気がします。
    迫田
    乳児保育を基本としながら、幼児教育も極める、と。
    杉山
    先生の乳児における専門知識を、ぜひ幼児にも、どんどん生かしていって頂けたらと思いますね。